着付け教室-各教室のご案内-

  1. HOME
  2. 着付け教室
  3. 各教室のご案内
  • 前結び教室
  • 後結び教室

前結び教室

講師のご紹介

  • 永 弥生(なが やよい)
  • 早比楽美装きもの学院 講師

私も着付けを習い始めた頃は、なかなかうまく行かず、自信を持てずにいましたが、前結びに出会い『先生のされる通り真似するだけで結んだことのない二重太鼓が出来上がってしまうなんて魔法みたい!』と感動し、きものがより大好きになりました。
前結びは、だれでも簡単に「早く、楽に、そして美しく」きものを着ることが出来ることが特徴です。
「きものを着ること、帯結びを覚えるのが楽しい!」と思っていただけるように丁寧にお伝えしています。

生徒の声

以前、手術をしてから肩があがらなくなり、きものから離れていました。前結びはおたいこがちゃんと綺麗に結べるので嬉しいです。

着物を気負うことなく切れることができるようになれば、と思い始めました。
前で帯を結ぶとお太鼓の形を整えるのも楽になり、その上変わり結びも結べるようになりました。着付けも手早くきれいに出来るようになるのでお勧めです。

着てみたい着物があったので、思い切って着付に必要な道具を一式そろえ、通い始めてみました。教室に来るたび、着物がもっと好きになっています。

前結びは手が自由に使えるので、仕上がりがきれい。柄合わせが簡単にできるのもうれしいです。

「違う世界に飛び込みたい!」と思い、これまで縁がなかった着付けを習いはじめました。自分で着物を着て、食事会に行くのが目標です。

後結び教室

講師のご紹介

  • 根来 有里(ねごろ ゆり)
  • 東洋きもの学院
    師範1級

着物は日本の民族衣装であり、文化です。
自分一人で着物が着こなせるようになると楽しいですし、世界が広がります。
昔は日常着として普通に着ていたわけですから難しいことはありません。
特別な道具は使いません。
ただ「着物が好き」という気持ちさえあれば大丈夫です。

生徒の声

アットホームな雰囲気がとても楽しいです。

季節ごとにきものでお出かけするのが何よりの楽しみです。

母の大切な着物を着られたら…という思いで始めました。大事に着ていると喜んでくれます。

来年から外国で暮らすことになり、1人で着られるようになりたいと奮闘中です。

母から着物を譲り受けたことをきっかけに、1年ほど前から教室に通い始めました。着付だけでなく、コーディネイトや補正のコツなど、さまざまな相談ができます。

大学で茶道部に所属しています。お茶会で着物を着るため、習い始めました。7~8 回ほど通っていますが、いつも明るい雰囲気で楽しく学べています。

先生だけでなく、生徒同士で着付けのコツや豆知識を教えあえるところが気に入っています。